■体脂肪とは

  体脂肪、気になる方も多いのではないでしょうか?ここ最近から耳にするようになった体脂肪ですが、皆さんは体脂肪がどんなものかご存知ですか?「脂肪でしょ」って言ったらそれでお終いなんですけど、まぁ体全体についている脂肪の割合っといったものです。つまり、体脂肪率が高いほど、脂肪が多くついていることになります。しかし、ただ脂肪がついているだけでなく、下のように分類されます。

  1. 血中脂肪。血液中に含まれる脂肪のことで、中性脂肪やコレステロールがあります。
  2. 皮下脂肪。皮膚の下にあることからそう呼ばれています。
  3. 内臓脂肪。メタボリッの原因でもある脂肪で、内臓に脂肪がつきます。

 これらの脂肪で体脂肪は成り立っています。脂肪といっても、種類があるのに驚きでしょう!この中で一番やっかいなのが、内臓脂肪…。メタボリックの原因でもある内臓脂肪は、さまざまな病気を引き起こしやすい脂肪です。この脂肪を減らすことが、健康への近道だということですね。体重が減っても体脂肪が減らないようでは意味がありません。痩せているようでも、体脂肪率が高いといった人は多いのです。体重が減ったからといって喜ぶのではなく、体脂肪が減ったことで喜ぶようにしましょう!

■体脂肪率

 ではでは、今度は体脂肪率についてのお話です。体脂肪率は体脂肪計など市販で売られている機械を使えば簡単に量ることができますが、せっかくなので計算方法をご紹介したいと思います。計算方法は次の式で体脂肪率弾き出すことができます。

・体脂肪量(kg)÷ 体重(kg)×100

 この計算式で体脂肪率を量ることができます。難しい計算式じゃないんで、すぐに計算できますね。これで弾き出した数値が、現在の体脂肪率となります。ここで一般的な体脂肪率についてですが、30歳未満の男性で14〜20%、女性なら17〜23%が正常範囲内ということになります。どこからが肥満になるかというと、男性なら25%以上、女性なら30%以上で肥満ということになります。体脂肪率が高い人は、ダイエットをお勧めしますよ。
 ところで、体脂肪率が高いということは、それだけ筋肉の量が少ないということになります。つまり、ダイエットするにも基礎代謝が低いため、「痩せにくい体質」ということになります。そんな方は、筋トレや運動などを行って筋肉をつけ、また脳の栄養が不足しないようにバランスの取れたカロリーコントロールを行うことがダイエット成功への秘訣となります。

 特にダイエット中は食事制限で体力がなくなり運動も疎かになってしまうので、筋肉をつけることはとても重要な工程です。筋トレは続く人、続かない人といますが、自分にあった方法で筋肉をつけるようにするとよいでしょう!歩くことが好きな人はウォーキングでも言いし、逆に自宅ですませたい方は鉄アレイでも買って部分・部分を鍛えると良いでしょう!それぞれにあった方法で、筋肉をつけていきましょう。

Valuable information

金物メーカーからサッシメーカーまで多くのメーカー品を販売中

物干しパーツ

現地よりも安く語学学校の手配ができます。

ワーキングホリデーでオーストラリアに行こう!

あなたの幸せのために素敵な出会いをご提供いたします。

東京で婚活パーティーをしよう!

お部屋の空間を丸ごと洗浄。クリーンな空気で健康生活。

次亜塩素酸水専用の噴霧器

Copyright (C) 2008 Dietの力. All Rights Reserved.